声優学校・養成所情報

声優養成所は、付属系と独立系の2タイプ

声優養成所

声優養成所は、プロに必要な技術や技能を実践的に学ぶことができる専門の養成機関です。

養成所は、2つのタイプに分けることができます。
プロダクションが運営母体となっている付属系養成所と特定プロダクションの系列ではない独立系養成所です。

スポンサーリンク

実力に合わせたクラス制を導入

養成所のカリキュラムやコースは、教育方針や専攻ジャンルによってさまざまですが、「基礎科」や「研修クラス」などと呼ばれる下位クラスと、より実践的なレッスンを受けるための上級クラス(「本科」「実践クラス」など)を設けているのが一般的です。

下位クラスでは、演技の基礎や発声・発音などの基本的なレッスンがメインで、上級クラスになるとナレーションや歌、アテレコ実習など、より現場に近い感覚で応用力を養うトレーニングが中心となります。
上級クラスへのステップアップには、進級審査を設けている養成所がほとんどです。

声優養成所へ入所するには

入所試験・入所オーディションとして、面接・実技・筆記などを行う養成所が多いです。
受験資格は、中学卒業/高校卒業などの年齢制限や専門学校や劇団での基礎訓練を受けた経歴を必要とする養成所がある一方で、未経験者や初心者を受け入れる資格不問の養成所もあります。

入所時期や募集期間は、養成所によって異なります。
年1回、もしくは○月生/○期生という形で定期的に募集を行う場合と、不定期に入所オーディションを実施するケースもみられます。
さらに、受験料・審査料として数千円~1万円程度の納付が必要な養成所と無料で試験を受けることができる養成所があります。
声優養成所への入所を希望する場合は、事前に募集内容等をしっかり確認しましょう。

スポンサーリンク

養成期間終了後の進路について

プロダクション付属の養成所では、養成期間終了時に所属オーディションを受けたり、優秀な成績やスキルが認められることによって、そのプロダクションへ所属することが可能です。
独立系の養成所でも複数のプロダクションや関連企業とのつながりを持ち、オーディションの機会やサポート体制を整えているところもあります。

ただ、いずれの場合もプロダクションへ所属できるのは、ごく限られた少数の人であり、再度他の養成機関へ入学・入所する人も少なくありません。

その他の養成機関

  • 声優専門学校の概要・特徴
  • 演劇専攻のある大学・短大の概要・特徴
  • 劇団の概要・特徴

スポンサーリンク
このページの先頭へ